プロではなくても手軽にできる網戸を掃除するときのコツ

網戸の掃除をするためには使いやすいブラシを用意するのがポイント

たいていの家庭では、網戸を掃除するのは年末の大掃除などの機会に限られています。日頃から頻繁に掃除をしていれば汚れを取るのが難しくないのですが、一度にまとめて汚れを取るのは大変です。

しかし、使いやすい道具を用意してから網戸の掃除を始めると、思っているよりも手軽に終わらせることができます。

網戸は常に雨風にさらされているため、どうしても汚れが付着しやすいです。しかし、だからといって最初から網戸そのものを掃除するのは効率的ではありません。

まずはサッシの部分に注目し、サッシに溜まっている汚れをしっかりと取り除くことが大切です。このときに役立つのが手で持って使えるブラシです。

長いブラシもありますが、短めのブラシを選んだ方がサッシの汚れを取りやすくなります。年末の大掃除だけで済ませている家庭の場合、サッシにも多くの汚れ・土などが溜まっているものです。

網戸自体を強くこするのは禁物ですが、サッシについては強くこすって問題ありません。なかなか落ちない汚れがあるときは、しっかりと時間をかけて落とすようにします。

また、ブラシだけでは汚れが残ってしまいます。残った汚れについては、掃除機を使って吸い取ることが大切です。

取り外すことができる網戸と取り外せない網戸の掃除の違い

家庭の網戸には、大きく分けると取り外すことができるタイプと取り外すことができないタイプがあります。

どちらのタイプなのかによって、掃除の仕方が変わってくることに注意が必要です。基本的に、取り外すことができる網戸の方が簡単に掃除することができます。

なぜなら、浴室に持って行ってシャワーで流すことが可能だからです。壁に密着させるように置いておけば、強めに擦ってしまった場合でも網戸への影響が小さくなります。取り外すことができないタイプの網戸については、その場で丁寧に掃除をしなければなりません。

まずはブラシを使って、簡単に落とせる埃を落とすことから始めます。埃を落とすだけなので、ブラシを濡らす必要はありません。水で濡らすと埃が固まりやすくなるため要注意です。次はこびりついた汚れを落とします。

このとき、力を入れすぎなければブラシを使っても問題ないのですが、より手軽に使えるのはメラミンスポンジです。使い方も簡単で、メラミンスポンジを水にしっかり浸らせ、よく絞って網戸を拭いていくだけです。

拭くだけなら雑巾でも良さそうだと思えますが、雑巾だと思っているほど汚れが取れないことがあります。メラミンスポンジなら網目に溜まった汚れも落としやすいです。

しっかりと網戸を掃除したいのなら洗剤や重曹を使うのが効率的

網戸を掃除する際には水だけで十分だと思っている人も多いですが、実はそうではありません。水だけでも一応汚れを落とすことができるのですが、年末だけしか掃除をしないような家庭の場合、完全に汚れを落としきることはできないのです。

本格的に網戸の掃除をしたいのなら、適切な洗剤や重曹を用意する必要があります。弱アルカリ性の重曹などを用意しておけば、なかなか水では落とせない汚れが落ちやすくなり、掃除の時間を短縮することにもつながります。

メラミンスポンジに洗剤・重曹をしっかりと浸み込ませ、丁寧に網戸を拭いていくのがポイントです。このとき、網戸全体を同じくらいの力で拭くようにします。

力加減を間違えてしまうと、掃除が終わったときにムラができてしまい、見た目の印象が悪くなります。拭いたときの汚れ・水分は上から下へと移動していくため、それに合わせて上から下へと一方向で拭いていくのも重要です。

左から始めるのも右から始めるのも自由ですが、上から下へと拭き終わって隣に移るときは、前に拭いた部分との間に隙間ができないようにします。

少し重なるような形で拭いていくと、拭き残しがなくなります。また、網戸全体を拭いたところで終了ではありません。サッシに汚れが溜まっているので、それを取り去ったところで完了です。